ビニール袋で種を育てる。袋の中の種まきについて学ぶ

画像:Anna Martianova

種を袋に詰めて発芽させるより、成長期をいち早く迎えたいものです。ビニール袋に入れた種子をミニ温室に入れて、湿度と温度を保つことで、発芽を早めることができます。この方法は、ほとんどの野菜、特に豆類に有効で、一年草やその他の植物にも使用することができます。

袋の中で種を蒔くのに必要なものは?

北部の気候では、発芽の可能性を高めるために室内で種を蒔く必要があります。寒さ以外にも、雨や風によって種が流されるなど、発芽に影響を与える要因があります。将来の植物を管理し、成長期を先取りするために、袋を使った種まき方法を試してみてください。安くて、簡単で、効果的です。

透明なビニール袋で、チャックがついているものでも、ついていないものでもOKです。穴が開いていなければ、食パンの袋でも大丈夫です。種子の発芽に最も重要なのは、水と熱の2つであることを忘れないでください。袋の中で種を蒔くことで、その両方を簡単に供給することができます。

袋の他に、適度な吸水性のある素材が必要です。タオルやコーヒーフィルター、ペーパータオル、あるいは水苔などです。これで完璧な種まき器のできあがりです。

ビニール袋による種まきのコツ

数種類の種を植える場合は、最初に袋に油性マジックで印をつけておくと非常に便利です。また、発芽に暗い場所が必要なのか明るい場所が必要なのか、種子のパッケージを見て確認してください。

次に、吸水材を湿らせます。よく濡らしてから、余分な水分を絞ります。それを平らにして、片側に種を置き、折りたたみます。ビニール袋に種を入れ、何とか封をします。

種に光が必要な場合は、明るい窓際に置いてください。そうでない場合は、引き出しや食器棚の中の暖かいところに置いてください。発芽マットはかなり低温で、袋を溶かさないので、お好みで使用することができます。その場合は、まずマットの上にふきんを敷いてから、袋をのせてください。

ビニール袋に入れた種子の手入れ

発芽時間は、袋を使った種まき方法によって異なりますが、一般的に土植えより早く発芽します。5~7日ごとに袋を開け、湿気の原因となる余分な結露を取り除く。

必要なときに、吸収体を適度に濡らしておく。1:20の割合で水を入れたミストボトルをお勧めするプロもいます。

芽が出たら、つまようじをディブルとして使い、苗を丁寧に土に移植して、植え付け時期まで育てます。

印刷用バージョン

この記事の最終更新日:07

種についてもっと読む

<୧⃛(๑⃙⃘◡̈๑⃙⃘)

関連している

 アデニウムの種や挿し木を始める - デザートローズの伝搬

アデニウムの種や挿し木を始める - デザートローズの伝搬

 NC-17指定で編集されたホラー映画10本

NC-17指定で編集されたホラー映画10本

 ツリーリリー情報。鉢植えのツリーリリーのお手入れ

ツリーリリー情報。鉢植えのツリーリリーのお手入れ