Vin Dieselは、今後のMCUプロジェクトのために急成長対話を記録しています

ヴィン・ディーゼルは、MCUのエキサイティングなプロジェクトでグルートの声を担当するため、レコーディング・スタジオにいます。ディーゼルは、映画「ワイルド・スピード」シリーズの主役として知られています。2014年、ディーゼルは『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』でマーベル・シネマティック・ユニバースに参加しました。  彼は、語彙がセリフに限られた知覚のある樹木のようなヒューマノイド、グルートの声とモーションキャプチャーを提供しました。「グルートの声とモーションキャプチャーを担当した。  ディーゼルは『ガーディアンズ』の続編と『アベンジャーズ』でこの役を再演した。インフィニティ・ウォー』と『アベンジャーズ』でも再びこの役を演じた。エンドゲーム』にも出演しています。

グルートはロケット・ラクーンのパートナーとして登場し、その能力はツルや枝を伸ばすこと。ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』第1作では、この樹木のようなエイリアンが仲間を救うために自らを犠牲にした。  彼の死後、ロケットは彼の枝から苗木を育て、ベビー・グルートをティーンエイジ・グルートへと育て上げた。彼はサノスのスナップの後に消えた人々の一人であり、後にアベンジャーズによって復活した。  ディーゼルは、『ソー/愛と雷』と『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー Vol.3』でファンに人気のキャラクターとして復帰することが決定しています。

ディーゼルは最近、自身が演じるグルートに関するエキサイティングな最新情報を発表しました。54歳のこの俳優は、最新のインスタグラムの投稿で、レコーディングスタジオでこの最愛のキャラクターの声を担当するために懸命に働いている自身のビデオを公開した。彼は友人と一緒に

この投稿をInstagramで見る

A post shared by Vin Diesel ([@vindiesel]{.cites=“vindiesel”}).

ディーゼルはどのシリーズや映画に携わっているかは明言しなかったが、おそらく近日公開の『ソー』か『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』の続編のどちらかであろうと思われる。この2つのプロジェクトは現在製作中で、映画での公開に向けて準備を進めています。さらに、マーベルは以前、ガーディアンズ・オブ・ギャラクシーをフィーチャーしたホリデースペシャルと、「I Am Groot」と題した短編アニメの単独シリーズを制作中で、今年Disney+で放映されることが確認されています。このアニメシリーズは、ベビー・グルートと彼の銀河系を巡る冒険を描く予定です。

ディズニープラスシリーズでディーゼルがこの有名な喋る木の声を担当するかどうかは不明ですが、ファンは期待していてください。ディーゼルの深い声が「I am Groot」というキャッチフレーズの代名詞になったことは間違いない。  この3つの言葉だけで、ディーゼルはCGIキャラクターに命を与え、何百万人ものファンを魅了したのです。ディーゼルが “The Groot universe”の拡大を予告したように、MCUが『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』第3巻以降にこの喋る木に何を用意しているのか、確かに楽しみである。

出典 ヴィン・ディーゼル

主な発売日

  • ドクター・ストレンジ イン マルチバース・オブ・マッドネス (2022)発売日:2022年05月06日
  • トール:愛と雷(2022)発売日:2022年07月08日
  • ブラックパンサー ワカンダ・フォーエバー
  • ザ・マーベルズ
  • ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー Vol.3』(2023年)発売日:2023年05月05日
  • アントマン&ワスプ クアンタマニア(2023年)発売日:2023年7月28日

関連している

 アデニウムの種や挿し木を始める - デザートローズの伝搬

アデニウムの種や挿し木を始める - デザートローズの伝搬

 NC-17指定で編集されたホラー映画10本

NC-17指定で編集されたホラー映画10本

 ツリーリリー情報。鉢植えのツリーリリーのお手入れ

ツリーリリー情報。鉢植えのツリーリリーのお手入れ