マトリックス4』の「ザイオン」の代替名称には3つの隠し玉がある

フランチャイズ・シンメトリーの巧妙な演出で、『マトリックス4』のシオンの代名詞には3つの隠しイースターエッグが含まれているのです。マトリックス レボリューションズ』から約18年ぶりにマトリックスの世界に戻ってきたラナ・ウォシャウスキー監督の最新作は、『マトリックス レザレクションズ』の強力なキャストの演技と、時に耳障りな脚本が対立し、観客を二分する作品となった。    しかし、批評家の評価はまちまちだったものの、『マトリックス レザレクション』は間違いなくフランチャイズへのラブレターとして機能しており、ワコウスキー監督の映画には『マトリックス』オリジナル3部作への隠し味やイースターエッグ、コールバックがふんだんに盛り込まれているのだ。

マトリックスの最初の3作で、人類文明の最後の砦となったのがザイオンである。現実のザイオンは、エルサレムの代名詞としてよく使われる古代ヘブライ語の都市であり、ネオ(キアヌ・リーヴス)が「ザ・ワン」として戻ってきたのも、彼がマトリックスの救世主であることを薄々気づいていたのだろう。  ザイオンは『マトリックス レボリューションズ』のラストでマシンの猛攻から逃れるが、『マトリックス リザレクションズ』では牧歌的なイオに取って代わられ、代わりにマトリックスの外で人間とマシンが平和に共存する輝かしい例として機能している。

マトリックス レザレクション』では、ザイオンに代わって登場するイオに、オリジナルのマトリックス3部作を彷彿とさせる3つのイースター・エッグが隠されています。1つ目はそのスペルで、イオは始まりも終わりもないザイオンであり、オラクルの有名な言葉「始まりがあるものには終わりがある」を連想させる。つまり、イオの理想郷はマトリックスの正典では終わりがないことを暗示している。第二に、イオはバイナリコードで2であり(10と読む)、これはイオが2番目に存在する機械都市であることを表している。そして最後に、イオが2進数で2番であることは、『マトリックス レザレクション』において、ネオとトリニティがペアとして「The One」であることを表している。

Machine City in Matrix Resurrections

マトリックス レボリューションズ』で、オラクルはネオに「“始まり”があるものには “終わり”がある」と告げた。このセリフは本来、エージェント・スミス(ヒューゴ・ウィーヴィング)の手によってマトリックスの永久サイクルの終わりを許容する意思を示すためのものだが、『マトリックス・レザレクション』のプロットのプリズムを通して見ると、より大きな意味を持つようになる。イオは文字通りザイオンという言葉の真ん中の部分であり、イオに始まりがないように、終わりもないことを示し、新しい人間の都市が永遠に存続することを示している。これは、『マトリックス リザレクションズ』の物語とその後の公開の文脈では特に重要であり、多くの観客は『リザレクションズ』が正統なマトリックス映画の最後となると信じているのである。

しかし、イオのイースターエッグはこれだけにとどまらず、イオという名前は、マトリックス3部作のイメージの象徴となった暗号にちなんだものでもあるのです。したがって、イオはバイナリコードでマシンの第2の都市を意味し、『マトリックス リザレクションズ』のフィナーレをまざまざと暗示しているのだ。ネオとトリニティは、イオの予言的な名前をさらに反映して、ペア(2人)としての「1」を表現している。マトリックス4』は多くの基準から見て完璧な映画ではないかもしれないが、それでも過去の『マトリックス』シリーズとの対称性によって、見る喜びを与えてくれる。

関連している

 アデニウムの種や挿し木を始める - デザートローズの伝搬

アデニウムの種や挿し木を始める - デザートローズの伝搬

 NC-17指定で編集されたホラー映画10本

NC-17指定で編集されたホラー映画10本

 ツリーリリー情報。鉢植えのツリーリリーのお手入れ

ツリーリリー情報。鉢植えのツリーリリーのお手入れ