ドロンの「大災害」怪獣は大きなチャンスを逃した

大災害を引き起こした「ハンニャ・ギュウク」という強力なモノノケが突然出現したことで、マンガ家・大須賀元が『ドロロン』で完全に無視していた表現が思い出される。  もし、このプロットを実際に追求していたなら、今こそ大須賀が、今では機会損失以外の何物でもない結論を出す絶好の機会だっただろう。

大須賀は、「ドロロン」の主人公であるドラを、敵の力を借りてその敵を倒すローグ・ヒーローとして陰で活躍させるように仕向けた。その前に、ドラは「もののけ」を退治するために侍になろうとしたが、力が足りず入学試験で落ちてしまった。しかし、その後、草薙というモノノケを刀のように振り回すようになり、皮肉にもその力を前代未聞の形で手に入れることになる。このとき、侍はドラを「敵に加担した罪人」と見なすようになり、非常にユニークな構図が生まれた。

しかし、ドラが草薙と二人で行動するようになると、柳生銀時がすぐに二人を見つけて仲間にし、彼女の出世を手助けしてくれるようになり、二人が秘密裏に行動しなければならないという特殊な葛藤は完全になくなった。当然ながら、ドラが銀千代と知り合う「ドロン・ドロン」以降の章は、かなり低調であった。銀千代は、自分の行動に過剰に感動し、ドラの成功を自分の手柄にしようとするのが主なやり口で、大抵はドラの真の可能性を見抜いた自分を褒める。この2人(と草薙)と共に戦うのだが、草薙が巨大な扇風機や、ドラが転倒したときに衝撃を和らげる台座などに変身するときが、最も盛り上がる場面であった。

この漫画の最初の大きな節目は、大災害を引き起こしたモノノケ「ハンニャ・ギュウク」が登場したことである。読者はこの怪物がドラの母親を殺したことを知っただけでなく、ドラが草薙と初めて口論をするのを、ドロンのこれまでで最も感動的な瞬間に見ることができた。ドラがコントロールを失い、何の戦略もなく無鉄砲に草薙を使ってモノノケを攻撃するのだから、銀千代に発見されるには絶好のタイミングだっただろう。ドラは興奮状態で防御力が落ちているため、それまでは他の侍から身を隠すために使っていたような戦術を取らなかったのだろう。

少年ジャンプが打ち切った『お菓子放浪記』という以前の漫画では、主人公の水無瀬つむぎが、空中からお菓子を生み出すことのできる、いわゆるお菓子使いを追う警察組織に入ろうとしたときに、同様の表現が用いられていました。これは、つむぎ自身がスイーツ使いであったため、事態が複雑化した。しかし、彼女はただのスイーツ使いではない。その昔、何者かが東京を滅ぼしたロリポップが彼女の武器だった。そのため、序盤は緊張の連続であったが、ついに発見された。しかし、マンガ家の大須賀元は『ドロロンDororon』でこの道を歩まず、代わりに主人公のドラを厄介な柳生銀時の腕に早々と放り込んでしまったのである。幸い、『ドロロンDororon』の最新章では、彼女の性格に説得力のある文脈が追加されているので、彼女の性格に苛立ちを覚える人たちにも、改善される可能性が高い–たとえ彼女がドラを発見した時期が悪かったとしても。

関連している

 アデニウムの種や挿し木を始める - デザートローズの伝搬

アデニウムの種や挿し木を始める - デザートローズの伝搬

 NC-17指定で編集されたホラー映画10本

NC-17指定で編集されたホラー映画10本

 ツリーリリー情報。鉢植えのツリーリリーのお手入れ

ツリーリリー情報。鉢植えのツリーリリーのお手入れ