アデニウムの種や挿し木を始める - デザートローズの伝搬

Desert Rose

画像:jacky9946

サボテン界の真の美女、デザートローズ(アデニウム・オベサム)は、美しさと逞しさを併せ持つ植物です。あまりの可愛らしさに、「デザートローズはどうやって挿し木で育てればいいのか」「アデニウムの種を蒔くのは難しいのか」と悩む方も多いようです。砂漠のバラを種から、あるいは挿し木から育てるのは、まったく難しいことではありません。ちょっとした知識が必要なだけです。ここでは、デザートローズの種子の繁殖と挿し木の繁殖について見ていきましょう。

デザートローズの種子の繁殖

砂漠のバラの種まきの本当のコツは、新鮮な種から始めることです。新鮮なデザートローズ植物の種は、発芽率が高いだけでなく、発芽速度も速くなります。信頼できる販売店から種を購入するか、数本の成木(種を作るには2本の株が必要)の持ち主を見つけて、その株から直接種を譲ってもらいましょう。

アデニウムの種を蒔くには、パーライトや砂と土を混ぜたような、水はけのよい培養土を入れた容器を準備します。種子を培地に入れ、ちょうど培地で覆われるようにします。

苗が出るまでは、毎日下から、3日に1回は上から水やりをします。栽培トレイやコンテナを暖房器具の上に置き、培地の温度を80~85F(27~29℃)に保つ。

デザートローズの種は、新鮮なものであれば1週間で発芽するはずです。新鮮でない場合は、もっと時間がかかるかもしれません(かかるとしても)。苗が現れたら、下から水をやるだけにしてください。約1ヶ月で苗は十分な大きさになり、常設の容器に移植することができます。

アデニウムの種を蒔く場合、その苗は同じ年に開花することが期待でき、花の美しさが魅力です。

デザートローズの挿し木繁殖

デザートローズの種子の繁殖は比較的簡単ですが、ほとんどの園芸家は挿し木からデザートローズを育てる方が成功しています。挿し木は簡単に早く始められるだけでなく、雑種は種から育てると元に戻ってしまうので、雑種の本来の姿を残すことができます。そのため、「砂漠のバラを挿し木から育てるにはどうしたらいいのか」と悩むこともあるでしょう。

枝の先端から切り口を取る。切り口を1~2日乾燥させた後、デザートローズの切り口の先を濡らして発根ホルモンに浸します。切り口を、パーライトや砂と土を混ぜたような水はけのよい用土に刺しておきます。毎日、切り口に水をやり、土から水が抜けるようにします。スプレーボトルを使って、切り口に毎日霧吹きをしてください。

2週間から6週間ほどで、挿し木が根付くはずです。

デザートローズは、種や挿し木から育てることができます。少し根気よく育てれば、あなただけの砂漠のバラの植物を家に置くことができます。

印刷用バージョン

この記事の最終更新日:06

デザートローズについてもっと読む

次ページ>> その

関連している

 NC-17指定で編集されたホラー映画10本

NC-17指定で編集されたホラー映画10本

 ツリーリリー情報。鉢植えのツリーリリーのお手入れ

ツリーリリー情報。鉢植えのツリーリリーのお手入れ