未知の4プロトタイピードされたTlou 2のロープ物理学

2020年に発売された『The Last of Us Part II』では、そのリアルなロープの物理描写に多くの人が驚かされた。PCとPS5で発売された「Legacy of Thieves collection」のおかげで「Uncharted 4: A Thief’s End」が復活した今、開発元のNaughty Dogが「TLOU 2」が出る6年前からロープフィジックスを実験していたことが明らかになったのです。Uncharted 4』のロープはそれほどリアルではありませんが、Naughty Dogがどのようなアイデアをプロトタイプにしていたかを知るのは興味深いことです。

ソニーは『Uncharted 4』や『The Lost Legacy』など多くのゲームをPC向けに提供していますが、『TLOU 2』はいまだにPS4独占ゲームの1つであり、ゲームのディテールが非常に優れているにもかかわらず、PCで発売されていないのは残念なことです。このゲームのキャラクターモデルと環境は非常にリアルで、物理演算はこのゲームの主要な部分ではないものの、いくつかのロープパズルでは見事なシミュレーションが披露されています。ロープをフェンスに投げたり、建物に巻き付けたり、引っ張ったりすることで、キャラクターや環境とロープが複雑に絡み合い、リアルに衝突します。

アンチャーテッド4』では、『TLOU2』よりもロープの使用頻度が高いんです。  A Thief’s End』はシリーズ初のグラップリングフックを装備したゲームで、ゲーム中の移動、環境パズル、そして『アンチャーテッド』最高のチェイスシーンでのハイオクスタントに頻繁に使用されています。  また、ネイトがサルベージダイバーとして働いているときに貨物コンテナにケーブルを巻き付けたり、ゲーム後半ではネイト、サリー、サムがマダガスカルで借りた車のフロントにウィンチがあったりと、様々な形でケーブルと触れ合うことができます。

The Last Of Us 2』は『Uncharted 4』の物理的な欠点を示している

Uncharted 4's winch is a fun mechanic but doesn't have the same natural feeling as The Last of Us 2's rope physics

アンチャーテッド4』のロープは、プレイヤーによって操作されると、ほとんどの場合、ピンと張った状態に引っ張られます。ウインチフックを掴んで丘に引き上げ、木に巻き付けるというのは斬新なゲームプレイメカニックですが、「The Last of Us 2」でフェンスにロープを投げて自然に垂れていくのを見るのと比べると、今ひとつ印象に残らないでしょう。アンチャーテッド4』のロープフィジックスのほとんどは、1つか2つのオブジェクトの周りで曲がるだけの、張りのあるロープを扱っています。グラップリングフックから振り下ろされるネイトの勢いは、時にかなりの説得力を持ちますが、本質的には彼とアンカーポイントを結ぶ線に過ぎません。

しかし、ロープの物理演算は楽しいものの、ノーティードッグが「TLOU 2」に搭載したものと比較すると、初歩的なものにとどまっています。たとえば、「アンチャーテッド」 のウィンチの最もエキサイティングな使い方は、物理エンジンが働いているようにさえ感じられない。マダガスカルでは、プレイヤーはウィンチを引っ張って丘を登り、巨石を乗り越え、木の周りを回る必要があります。登っている途中でケーブルが岩を押してしまい、土砂崩れを起こして車が崖から垂直にぶら下がってしまう。ケーブルが岩に巻きつくことで、ゲームの世界が物理的に感じられるのはいいことだが、結局は脚本的なものに終わってしまう。とはいえ、『アンチャーテッド』から『The Last of Us Part II』にかけて、Naughty Dogのロープフィジックスの進化が見て取れます。

関連している

 アデニウムの種や挿し木を始める - デザートローズの伝搬

アデニウムの種や挿し木を始める - デザートローズの伝搬

 NC-17指定で編集されたホラー映画10本

NC-17指定で編集されたホラー映画10本

 ツリーリリー情報。鉢植えのツリーリリーのお手入れ

ツリーリリー情報。鉢植えのツリーリリーのお手入れ