ゴーストフェイスの血まみれナイフとマスクが映し出された『Scream 6』ファンポスター

スクリーム』(2022年)の成功を受けて、パラマウント社は『スクリーム6』を正式に許可し、あるファンがそれを祝して続編のポスターを制作しました。  Scream』は、COVID-19の大流行時に公開された作品としては驚異的な数字である1億1200万ドルの興行収入を記録し、批評家や観客から好評を得ており、多くの人が『Scream』続編の中では最高傑作だと述べています。シリーズ主演のネーヴ・キャンベルは、主役の再演に興味を示しています。

スクリーム」シリーズの象徴的な悪役は、狩猟用ナイフを使い、脅迫電話をかけてきた被害者を殺害する覆面殺人鬼ゴーストフェイスである。このシリーズは、ホラー映画や業界全般に対するメタ的な論評が多く、最新作でもその伝統を受け継ぎ、ファンダム、レガシーな続編、繰り返されるフランチャイズなどを解剖している。  スクリーム』(2022年)は、『スクリーム6』のストーリーを盛り上げる可能性のある、いくつかの未解決の質問も残している。

このファンポスターは、Twitterのユーザーである[@creepyduckart]{.cites=“creepyduckart”}が、『スクリーム6』がグリーンライトになったことを祝して作成したものだそうです。このポスターは、ゴーストフェイスが彼の象徴的なマスクの前でナイフを持っている姿を描いており、イメージを2つに分けて、右側がマスク、左側が血まみれのナイフになっています。ナイフについた血は、刃によって隠されたマスクの残りの半分を形成しています。下部には、『スクリーム6』が実際に公開される時期を推測した「2023年」というキャプションが添えられている。しかし、製作は2022年の夏まで始まらない見込みです。ポスターは以下よりご覧ください。

スクリームの続編が正式に決定したとのことで、驚きのニュースです!>。もちろん、何かお祝いをしようと思っていたので、#Scream6🤘#Ghostface の新しいコンセプトポスターです! #ホラーコミュニティ #デジタルアート pic.twitter.com

— Creepy Duck Design ([@creepyduckart]{.cites=“creepyduckart”}) February 3, 2022

続編では、『スクリーム』(2022)のマット・ベッティネリ・オルピン監督と、これまで『レディ・オア・ノット』『サウスバウンド』の監督として知られるタイラー・ジレット監督が復帰する予定です。  また、脚本家のジェームズ・ヴァンダービルトとガイ・ブジックも新作の脚本家として復帰することが決定している。  シリーズ最新作の公開から1カ月も経っておらず、『スクリーム6』の制作もこの夏に始まることから、クリエイティブ・チームは新作の方向性についてすでに計画を立てているようだ。5作目ではいくつかの疑問が残されており、来る続編はその疑問を解消する機会を与えてくれる。

すでに『スクリーム6』の制作が始まっているが、2022年の『スクリーム』ですでにかなり突き詰めたこのフランチャイズのメタ的性質を、クリエイティブチームがどのように新鮮かつ面白く維持できるかが気になるところである。  メタな解説は結局のところ限りある資源であり、「スクリーム」シリーズのオリジナル作品は、酷評された「スクリーム3」と散々見下された「スクリーム4」によって、このスタイルの収穫が減少していることの好例となり、苦い経験として学ばなければならなかったのだ。Scream 6」がどのような方向に進もうとも、観客に注目されるに値する作品であることを証明しなければならないが、「Scream」(2022)が長年の観客と新しい観客の両方を喜ばせるために巧妙なバランス感覚を駆使しなければならなかったことを考えると、言うは易く行うは難しというものだろう。  十分なファンの支持があれば、この映画の後続作も同様の成功を収めることができるかもしれない。

出典 @creepyduckart.

関連している

 アデニウムの種や挿し木を始める - デザートローズの伝搬

アデニウムの種や挿し木を始める - デザートローズの伝搬

 NC-17指定で編集されたホラー映画10本

NC-17指定で編集されたホラー映画10本

 ツリーリリー情報。鉢植えのツリーリリーのお手入れ

ツリーリリー情報。鉢植えのツリーリリーのお手入れ