バットマンの墓は、ファンにとって唯一信じられるハッピーエンドを提供した

バットマンの使命は悲劇に終わる運命にあると考える人は多いが、あるタイムラインは、その必要がないことをファンに教えてくれる。バットマンで探求された未来

バットマンのキャンペーンは、幼いブルース・ウェインがパークロウの裏路地で両親が射殺されるのを目撃して以来、生涯をかけて取り組んできたものである。ブルース・ウェインは、心、体、精神を常人の限界を超えて鍛え上げ、その冒険はゴッサムの汚い道からDCユニバースの果てにまで及んでいる。ブルースの犯罪との戦いへの献身がいかに悲劇的な結末を迎えることになるのか、作家たちは模索してきたが、潜在的な未来は、バットマンの最終章がポジティブな形で幕を閉じるという希望を与えてくれる。

バットマン

Catwoman at Batman Grave DC Comics

神々と戦い、時を越えて生きてきたヒーローが、老いという人間らしい形で終わる瞬間は、ほろ苦いものです。しかし、このような終わり方は必ずしも悲しいとは言えない。ブルースがこれだけの長寿を全うしたことは、彼がこれまで直面してきた脅威や障害を考えれば、驚くべきことです。しかし、そのような困難を乗り切る能力以上に、ブルースは両親が望んだような人生を歩んできたのです。彼は、愛を与えたり受け取ったりしながら、自分の使命よりも大きなものを作り上げていくことに何年も費やすことができたのです。死ぬまで個人的な戦いに集中するために家族や愛を捨てたバットマンを書くのは簡単だろう。しかし、ブルースはそれらの要素を犯罪と戦うキャリアに持ち込み、自分にとって最も大切なのは作戦よりも愛する人たちであることを強調したのです。これらのことを受け入れることで、彼はゴッサムのダークナイトとして過ごした日々を記憶されるのではなく、彼を最も大切に思う人たちから惜しまれる、愛された家族の一員となったのです。

ブルース・ウェインはバットマンとして何十年も戦ってきましたが、このタイムラインが示すように、愛から逃げなければ幸せな日々が待っているのです。

関連している

 アデニウムの種や挿し木を始める - デザートローズの伝搬

アデニウムの種や挿し木を始める - デザートローズの伝搬

 NC-17指定で編集されたホラー映画10本

NC-17指定で編集されたホラー映画10本

 ツリーリリー情報。鉢植えのツリーリリーのお手入れ

ツリーリリー情報。鉢植えのツリーリリーのお手入れ