アサシン クリード インフィニティ 2022年よりも2023年の方が可能性が高い理由

現在、Assassin’s Creedの次回作については様々な噂が流れていますが、2022年に発売されるかどうか確定しているものはありません。UbisoftはコードネームInfinityと呼ばれるAssassins Creedの次回作に取り組んでいることを発表しましたが、発売時期については一切明言されていません。Ubisoftは、Infinityがライブサービス形式のゲームになるようで、Assassin’s Creedゲームの大規模化を倍増させているようです。

アサシン クリード』最新作『ヴァルハラ』は2020年11月に発売され、フランチャイズ史上最も売れたゲームとなりました。ヴァルハラ』は『アサシン クリード』最大級のゲームでもあり、『オリジン』や『オデッセイ』でも採用されたオープンワールドRPGの舞台をさらに拡大させました。これまでに『ドルイドの怒り』と『パリの攻防』の2つの拡張を受け、最後の拡張となる『Dawn of Ragnarök』を迎える予定です。

AC Valhallaが2022年に3つ目の拡張を行うことは、ゲーマーが今年Assassin’s Creedの新作をプレイするかどうかを示すサインであると思われます。  通常、アサシンクリードの各タイトルには2年の間隔があるため、今年の新作は理にかなっていると言えますが、ヴァルハラの拡張第3弾は、ユービーアイソフトにとって新作発売前のギャップを埋めるための手段である可能性が高いです。  Assassin’s Creed OriginsとOdysseyのライフサイクルでは、2つのメインDLCしか配信されなかったので、Valhallaの3つ目の配信には、より大きな意味がありそうです。しかし、前作「Assassin’s Creed」のサポートが継続されることが、「Infinity」が今年発売されない最大の理由ではありません。

アサシンクリード インフィニティは2023年に登場する可能性が高い

Screenshot of Altair In Assassins Creed Original

ユービーアイソフトがこのゲームで大きな決断をしたと伝えられているため、ファンは次の「アサシン クリード」をしばらく待たなければならないようです。Assasin’s Creed Infinityは、新しいライブサービススタイルのRPGで、複数の舞台を持つことになると思われます。また、UbisoftはInfinityをケベックとモントリオールの両スタジオで制作していると発言しており、これも新作がシリーズ最大級のものになることを示す大きなサインとなっています。2つのスタジオが同じゲームに取り組むことは、より早くリリースされることを意味せず、むしろ2つの力を合わせるために、より多くの時間が必要であることを意味すると思われます。

ユービーアイソフトも、インフィニティをリリースする前に、もっと時間をかけて作業したほうがいいと思います。  アサシンクリードは、最も人気のあるゲームフランチャイズの1つであり、ユービーアイソフトで最も収益性の高いものの1つでもあります。同スタジオの最新作「レインボーシックス エクストラクション」は良くなかったので、ライブサービスを目指す今後のアサシンクリードゲームでは、このゲームの問題点を繰り返さないようにする必要がある。

今年のアサシンクリードの新作を期待していたファンはおそらく失望し、3月に発売されるヴァルハラの3番目の拡張版でやり過ごすことになるだろう。しかし、ステルス系のアサシンクリードをまた開発中という噂もあり、このフランチャイズのファンにとっては期待できる報告がたくさんある。Assassin’s Creed Infinityのライブ感を残しつつ、初代Assassin’s Creedのような小規模なステルスゲームを作るというのは、今後のUbisoftの新しい戦略かもしれないが、それを知るにはもうしばらく待たねばならないだろう。

関連している

 アデニウムの種や挿し木を始める - デザートローズの伝搬

アデニウムの種や挿し木を始める - デザートローズの伝搬

 NC-17指定で編集されたホラー映画10本

NC-17指定で編集されたホラー映画10本

 ツリーリリー情報。鉢植えのツリーリリーのお手入れ

ツリーリリー情報。鉢植えのツリーリリーのお手入れ