ゴッド・オブ・ウォー』:クレイトスの弟デイモスが彼を憎んだ理由

ゴッド・オブ・ウォー」シリーズでは、最新作でクレイトスと息子の関係が優先される以前から、家族が中心的な重要性を持っています。クレイトスが主人であるアレスに反感を抱いたのは、不注意による自分の家族の殺害が原因だったが、戦いの神はクレイトスの人生においてさらに早い時期に別の損失、つまり兄であるデイモスの損失に責任があるのである。予言を誤解したデイモスは実の兄を憎むようになり、壊れた家族関係はGod of WarのPlayStation Portableタイトルの一つで探求されました。

2010年にPSPで発売された『ゴースト・オブ・スパルタ』では、オリンポスの神々の滅亡が予言されていることが明かされます。オラクルは、彼らの滅亡は巨人ではなく、「刻印された戦士」と呼ばれる人間によってもたらされると述べています。クレイトスは『ゴッド・オブ・ウォー』でギリシャ神話の神々を生かしたままミッドガルドへ旅立ったが、「刻印された戦士」という呼び名が彼を指していることは明らかである。しかし、神々はそう信じておらず、それがクレイトスの手による殺戮に直接的に貢献しました。  Ghost of Sparta』では、クレイトスに兄のデイモスがいることが明らかにされており、クレイトスは兄がオリンピアンに連れ去られ、幼い頃に殺されたと信じている。

デイモスは、左目の上、頭頂部、背中、胸の横、左肩に一周する珍しい真っ赤なアザを持って生まれた。ゼウスとアレスは、デイモスが予言された「刻印の戦士」であり、いずれオリンピアン・パンテオンを倒す人物であると信じていた。デイモスはスパルタの名士になることを夢見ており、予言を実行に移そうとしているように見えた。ゼウスとアレスは、自分たちの運命を回避するために、デイモスを捕らえることを企てる。クレイトスとデイモスの幼少時の訓練にアレスが割り込み、アテナも同行していたが、アテナはGod of War Ragnarökの悪役であるという説が有力視されている。

ゴッド・オブ・ウォー』兄クレイトスを憎むように拷問されたデイモス

Deimos eventually blamed Kratos for not saving him in God of War, and was tortured into hating his brother

アレスはデイモスを誘拐し、介入しようとしたクレイトスを殺害しようとする。アテナは戦いの神を止め、自分たちは刻印された戦士のためだけに存在するのだと思い知らされる。クレイトスは、弟が永遠に失われたと信じ、常に弟を守るとデイモスに約束した後、取り乱し、罪悪感にさいなまれる。弟の思い出を称えるため、クレイトスはデイモスの痣をかたどった真っ赤なタトゥーを入れる。彼の肌を白くする呪いをかけられた死んだ妻と娘の遺灰と合わせて、このタトゥーはクレイトスの象徴的なルックスに貢献している。

ゴッド・オブ・ウォー』の時間軸では、『ゴースト・オブ・スパルタ』はオリジナル・ゲームの直後に位置する。クレイトスはアレスへの復讐を果たし、オリンポス山の王座に就いた後、母カリストがまだ生きている可能性があることを知ります。アテナの忠告に反し、クレイトスはポセイドンに敬意を表して建設された都市、アトランティスに旅立ちます。怪物スキュラを倒して都市に侵入したクレイトスは、やがてカリストを見つけ、弟のデイモスが子供の頃に殺されず、死の神タナトスに捕らえられていることを明かす。アトランティスを脱出する途中、クレイトスはタイタンのセラを解放し、スキュラとの破壊的な戦いと相まって、都市は海に沈んでしまう。

幼い頃に連れ去られたデイモスは、オリンポスの人々にとって得体の知れない脅威であったため、単純に処刑されたわけではなかった。ゼウスとアレスは代わりに彼をタナトスに預け、タナトスは子供を拘束して彼を苦しめ、クレイトスは有名な戦士に成長した。スパルタに戻った後、クレイトスはタナトスと対決することを決意する。死の神は、God of War IIIがGhost of Spartaより前にリリースされていたにもかかわらず、クレイトスがシリーズで出会ったギリシャ神話の神の一人ではなかった。死の領域に入ることを決意したクレイトスは、アトランティスの遺跡に戻り、最終的にタナトスの領域への入り口を見つける。

そこでクレイトスは、長い間行方不明だった兄のデイモスを見つけるが、その再会は楽しいものではなかった。デイモスの心は長年の幽閉と拷問で歪んでいたのだ。  幼い頃、クレイトスはデイモスに「いつでも守ってやる」と言い、捕らえられてからしばらくの間、デイモスはそれを信じていた。クレイトスの救出への希望はやがて恨みへと変わり、デイモスは兄が自分をタナトスの手による拷問に見殺しにしたように見えると非難した。怒りに駆られたデイモスは、ようやく解放されたクレイトスに襲いかかり、クレイトスを決して許さないと言い放つ。

ゴッド・オブ・ウォー』クレイトスと弟デイモスの和解

Kratos eventually reconciles with Deimos, having briefly saved him from death at the hands of Thanatos

ゴッド・オブ・ウォー』におけるクレイトスの弟との戦いは、タナトスの乱入によって悲劇的な結末からほんの少し救われただけである。クレイトスに娘を殺された復讐として、タナトスはデイモスを連れてスーサイド・ブラフに連れ去り、そこでデイモスを殺すつもりでいる。クレイトスは後を追い、急降下して死にそうなデイモスを間一髪で助ける。結局、デイモスは弟を許し、二人はタナトスとの戦いで結束する。しかし、その再会も束の間、デイモスはすぐに死神に殺されてしまう。このことがクレイトスを信じられないほどの怒りに駆り立て、彼は直後にタナトスを破壊する。  Ghost of Spartaのラストでは、クレイトスがデイモスの死体を抱えて曲がりくねった道を進み、謎の墓掘り人が新しい墓を用意しているSuicide Bluffsの頂上へ向かいます。

ゴッド・オブ・ウォー』におけるクレイトスの最初の妻の死のように、デイモスの運命はクレイトスを再びオリンピアンに復讐するように駆り立てる。スパルタの亡霊」の結末は、その3年前に発売された「ゴッド・オブ・ウォーII」の出来事に直接つながっている。デイモスの物語はクレイトスのオリンポスとの戦いにおける重要な章として提示されているが、結局のところ、PSPゲームにアクセスできなかった何人かのプレイヤーは見逃してしまったかもしれない。  ゴッド・オブ・ウォーIII』は『ゴースト・オブ・スパルタ』よりも前に発売されたため、後者はシリーズの時系列にやや不格好な形で収まっている。PlayStation Portableのタイトルは複数のコレクションとしてPS3でリマスターされており、PS5でプレイ可能な『ゴッド・オブ・ウォー』の一つであるため、クレイトスとデイモスの関係の終わりを直接見てみたい人は利用できるだろう。

関連している

 アデニウムの種や挿し木を始める - デザートローズの伝搬

アデニウムの種や挿し木を始める - デザートローズの伝搬

 NC-17指定で編集されたホラー映画10本

NC-17指定で編集されたホラー映画10本

 ツリーリリー情報。鉢植えのツリーリリーのお手入れ

ツリーリリー情報。鉢植えのツリーリリーのお手入れ