スタジオジブリのテーマパーク画像とアートでアトラクションを初公開

スタジオジブリのテーマパーク「ジブリパーク」の新しい画像が公開され、アニメスタジオの作品群にインスパイアされた数々のアトラクションがあることが明らかになりました。スタジオジブリは、「ハウルの動く城」、「となりのトトロ」、「千と千尋の神隠し」などの人気アニメを制作しています。ジブリは、宮崎駿、鈴木敏夫、高畑勲の3人によって設立され、宮崎は彼らの作品のうち10作品の監督を務めました。

1985年に設立されたスタジオジブリは、多くの人々に愛され、高い評価を得ている長編アニメーションを制作しており、そのうち5作品は日本のアニメーション映画で最も高い興行収入を記録している作品となっています。魔女の宅急便』では若い魔女が独立し、独自のビジネスを立ち上げ、『もののけ姫』では自然とテクノロジーの発展の間で戦い、『ハウルの動く城』ではファンタジーな設定の中で平和主義や老いを探求するなど、ジブリはその作品を通じて息を飲むような映像と示唆に富むストーリーを提供しています。そして、スタジオジブリのテーマパークの発表から約3年、2022年末のオープンが決定し、ファンはその内容を初めて目にすることになりました。

EWが報じたように、スタジオジブリは、11月1日のオープンが明らかになったことを受けて、パークのアトラクションの写真とコンセプトアートをウェブサイトで公開しました。ジブリパークは、愛知万博記念公園にオープンし、ジブリ大倉庫、青春の丘、どんどこフォレストで構成されています。大倉庫は「千と千尋の神隠し」をモチーフに、ジブリ作品にちなんだ展示が行われ、青少年の丘には「心のささやき」のアンティークショップ「ワールドエンポリアム」が入る。ドンドコフォレストには『となりのトトロ』のサツキとメイの家が再現されます。ハウルの動く城』『魔女の宅急便』『もののけ姫』をモチーフにしたアトラクションも予定されており、後日オープンする予定です。以下、画像をご確認ください。

ハウルの城をほぼ実物大で再現したり、ジブリ作品の象徴的な場所を数多く再現する計画など、テーマパークの開発には大きな野望が込められています。スタジオジブリは近年、ビジネスベンチャーを拡大し、テレビ番組への進出やカタログのデジタル提供につながっています。2019年にはワーナーメディアがジブリ作品の米国でのストリーミング権を獲得したと発表し、2020年5月のサービス開始時にはHBOマックスで本作を配信することになりました。一方、Netflixは2020年1月に他地域の独占ストリーミング権を取得し、2020年4月1日までにジブリ作品全21本をホスティングすることになりました。また、スタジオは次の作品に向けて準備を進めており、宮崎は引退後、吉野源三郎の小説を映画化した『君たちはどう生きるか』で最後の長編映画の監督に踏み切りました。

近年、『進撃の巨人』や『エヴァンゲリオン』など、アニメをモチーフにしたアトラクションが登場していますが、ジブリパークはその中でも一線を画す存在です。スタジオジブリの世界観を再現することに重点を置き、アクションや体験を再現するのではなく、その設定に没入してもらうことを目的としています。スタジオジブリの作品にどのような生命が吹き込まれるのか、楽しみです。

出典 EW

関連している

 アデニウムの種や挿し木を始める - デザートローズの伝搬

アデニウムの種や挿し木を始める - デザートローズの伝搬

 NC-17指定で編集されたホラー映画10本

NC-17指定で編集されたホラー映画10本

 ツリーリリー情報。鉢植えのツリーリリーのお手入れ

ツリーリリー情報。鉢植えのツリーリリーのお手入れ