幻影インパクトの新領域「スメル」に「デンドロ」要素が追加される可能性、リーク情報より

Genshin Impactのリーク情報によると、今後のアップデートで新地域「スメル」と「デンドロ」要素が導入されるようです。 miHoYoのオープンワールド系タイトルでは、アップデートにより新しいキャラクターやクエスト、地域の追加が頻繁に行われ、プレイヤーが発見することができるようになっています。現在、『幻想神域2.5』のベータパッチがリークされており、次なるアップデートの可能性が示唆されています。

1月5日、『幻想神域』のバージョン2.4が配信され、2人の新キャラクターとイナズマ群島・エンカノミヤ地方が追加されました。クライオ(極寒)のシェンヘとジオ(地球)のユン・ジンです。また、『幻影異聞録』のバージョン2.5に関するリーク情報によると、近日中に電脳使い「ヤエミコ」が追加される予定とのことです。また、新たな敵や週替わりのボス「ライディーンショーグン」も、バージョン2.5での登場が噂されている。近日中に「幻影異聞録2.5」のライブ配信を予定しており、次期アップデートの詳細をお伝えする予定です。

Game Rantが報じたように、Genshin Impactの大規模なリーク情報により、本作の将来についていくつかの詳細が明らかになったようです。Redditユーザーのevnxxz氏によるリークでは、バージョン2.9で “Sumeru”地域がゲームに追加されると主張しています。Sumeruは、Teyvatの7つの国の一つとしてゲーム内の伝承に存在しますが、今のところオープンワールドのタイトルには存在しません。夏頃にリリースされると思われるこの2.9アップデートでは、デンドロの要素を戦闘に活用するキャラクターも登場する予定です。ゲーム内の伝承では、このエレメントは自然や毒の効果に関係し、スメルの関連エレメントとして機能していると説明されていますが、現在デンドロを戦闘に利用するキャラクターは存在しません。

genshin impact sumeru region leak Reddit post

スメルはまだ『幻影異聞録』に登場していませんが、多くのプレイヤーは、miHoYoが次に追加する国家はスメルではないか、と考えています。2.0でイナズマが登場したように、3.0ではスメルやデンドロが登場するという説もあり、昨年から『幻神インパクト』のスメルやデンドロにまつわる説が飛び交っていた。この要素を利用した新キャラクターが登場し、過去の地域も今後のアップデートでどんどん広がっていきそうです。

幻影異聞録Ver.2.9の発売はまだ先だが、このリーク情報によって、ARPGの未来像が色鮮やかに描かれることになった。この情報は正式なものではないが、すでに多くのファンがスメルとデンドロ・エレメントがゲーム内に登場することを疑っている。2.5の発売が迫る中、2022年に『幻影異聞録』とそのファンがどうなっているかは、時間が経ってみないと分からない。

幻影インパクト』は、PlayStation 4、PlayStation 5、iOS、Android、PCで発売されます。

情報源はこちら Game Rant、evnxxz

関連している

 アデニウムの種や挿し木を始める - デザートローズの伝搬

アデニウムの種や挿し木を始める - デザートローズの伝搬

 NC-17指定で編集されたホラー映画10本

NC-17指定で編集されたホラー映画10本

 ツリーリリー情報。鉢植えのツリーリリーのお手入れ

ツリーリリー情報。鉢植えのツリーリリーのお手入れ