リスク・オブ・レイン2:サバイバーズ・オブ・ザ・ボイド』新スナイパー「レールガンナー」を公開

Hopoo GamesとGearbox Publishingは、Risk of Rain 2の拡張パックSurvivors of the Voidに登場する新サバイバー、スナイパー「Railgunner」を公開しました。Risk of Rain 2は、Risk of Rainの3人称視点の後継作で、ランダム要素のある2Dプラットフォーマーとして、巨獣や戦利品の数々を3D平面にもたらした作品です。続編はその後、Steamで圧倒的なレビュー平均を維持し、PlayStation、Xbox、Nintendo Switchでのリリースに成功し、最近リリースされた最高のローグライクゲームの1つとしてその地位を確立しました。

リスク・オブ・レイン2」は、2019年3月からアーリーアクセスを行っていましたが、2020年8月に正式サービスを開始しました。しかし、それ以降、開発者はゲームの拡張をあまり行わず、アップデートのほとんどはバグフィックスとマイナーチェンジでした。最初の大規模な拡張は1年以上前から予告されており、当初は2021年の最終四半期にローンチされる予定でした。この拡張は、2~3回程度のコンテンツ更新の規模になると予想されており、ゲームが正式ローンチ時に行ったコンテンツ更新よりも大規模なものでした。Risk of Rain 2は2021年3月にAnniversary Updateを受け、Bandit Survivor、5つの新アイテム、5つのスキルバリアントなどが追加されました。

Hopoo GamesがScreen Rantのプレスリリースにて、「Risk of Rain 2: Survivors of the Void」に登場する2人の新サバイバーのうち、最初のスナイパー「Railgunner」を公開したことが明らかになりました。Hopoo Gamesの共同設立者であるPaul Morse氏によると、この拡張DLCは2022年3月1日にSteamでローンチされ、“これまで開発者たちが行ってきたどんなことよりも大きくなっている”とのことです。Railgunnerは、M99 Sniperを装備したペースの速いSurvivorで、プレイヤーはダウンサイトで敵のWeak Pointを狙い、Critical Strikeの大ダメージを与えることができる。Risk of Rain 2」のレールガンナーは、XQRスマートラウンドシステムとコンカッションデバイスを搭載しており、空間を作ることで近くの敵を寄せ付けず、範囲内の敵に素早くダメージを与えることができます。Risk of Rain 2のThe Captainのように、Railgunnerの特殊能力は非常に強力なようです。スーパーチャージはレールガンスナイパーをオーバーロードして4,000%のダメージを与え、爆発的な爆風を発生させて複数の敵を一度に処理することができます。

Risk of Rain 2は、昨年のアニバーサリーアップデートで、バンディットと、難関をクリアしないとアンロックできないシークレットのザ・ヘレティックという新しいサバイバーを追加しました。バンディットは弱った敵を仕留めるハイスキルなコンボキャラクターですが、ヘレティックは非常に高い基礎体力、トリプルジャンプ、より速い移動速度、高い初期ダメージステータスを活かして相手をなぎ倒していきます。バンディットはアニバーサリーアップデートの最初のドロップ時にプレイアブルキャラクターでしたが、ヘレティックは4つのヘレシーアイテムを同時に持つことでのみアンロックすることができます。3月に配信される公式DLC第1弾では、シークレットタスクなしでRailgunnerがプレイ可能になりそうですが、拡張版第2弾のSurvivorはまだ謎に包まれているようです。

Railgunnerは、Risk of Rain 2にスコープを通してFPSの要素を加え、ファンに違った遊び方を提供します。Survivors of the Voidの残りの部分は、Risk of Rain 2の遊び方を変える追加機能をもたらすと予想されますが、Hopoo gamesが何を用意しているのか、ファンはもう少し待つ必要がありそうです。

出典 ギアボックス

関連している

 アデニウムの種や挿し木を始める - デザートローズの伝搬

アデニウムの種や挿し木を始める - デザートローズの伝搬

 NC-17指定で編集されたホラー映画10本

NC-17指定で編集されたホラー映画10本

 ツリーリリー情報。鉢植えのツリーリリーのお手入れ

ツリーリリー情報。鉢植えのツリーリリーのお手入れ