進撃の巨人」はエレンの真の力を隠していた

エレン・イェーガーの新たな力は、「進撃の巨人」ファンにとって、当初から目の前にあるものだった。諫山創の『進撃の巨人』神話では、9体の巨人シフターの名前の由来を考えるのは難しくない。創世の巨人」「巨人の巨人」「甲冑の巨人」「女型の巨人」「荷車の巨人」「顎の巨人」「獣の巨人」「戦鎚の巨人」は、小さな人形を描くのだ。エレン・イェーガーは「攻撃型巨人」を主体としており、「力」「速さ」「耐久力」「硬化力」のバランスのとれた戦闘力を持つことから名づけられたと思われる。

Attack on Titan』第79話は、25分の間にどれだけ多くの衝撃的な事実を詰め込めるか、その限界に挑戦した作品です。エレンは異母兄のジークに父の思い出を案内され、グリシャの詳細を知ることで「進撃の巨人」の過去の出来事の捉え方が完全に覆される。そして、エレンはますます邪悪な袖から別の驚きを引き出す。ライズ家にさえも知られていないことだが、攻撃型巨人は未来の継承者から記憶を垣間見ることができるのだ。つまり、グリシャは「進撃の巨人」シーズン1の時点で、エレンが最終的にどうなるかを知っていたことになる。そして、エレンはグリシャの「進撃の巨人」の未来視を利用し、未来から自分の行動を操作していたのだ。

巨人の前身であるクルーガーが、ミカサとアルミンが生まれる何年も前のことを話していたように、進撃の巨人にはまだ見ぬ事象があることが示唆されている。しかし、「進撃の巨人」第79話では、ついに進撃の巨人の予知能力の全貌が明らかになった。フリーダ・ライスとジーク・イェーガー、そして1年間ネタバレを避けてきたファンにとって、グリシャの発表は衝撃的なものだろう。

Eren Zeke and Grisha Jaeger in Attack on Titan

当初、攻撃型巨人はその恐ろしい戦闘能力からその名を得たように見えたが、クルーガーはAttack on Titanシーズン3でそうではないと主張した。クルーガーによると、「アタック」とは、敵と戦い、より良い明日を目指し、前進する巨人の姿のことだという。進撃の巨人」は、「攻める」というより「進む」という意味合いが強い。進撃の巨人は事象を先読みする」というクルーガーの言葉をもとに、「進撃の巨人」の名前の全貌が明らかになったのが、第79話だ。つまり、「進撃の巨人」は、「進撃の巨人」の名の由来である「先見性」の全貌が明らかになったのだ。「進撃の巨人」の名が発せられた時から、「進撃の巨人」はこの隠れた先見性を予兆していたのである。

クルーガーは「進撃の巨人」の名前の由来を、あくなき前進からと考えていたが、グリシャは未来視の能力がその原動力であることに気づく。後継者たちの記憶と恐怖を目の当たりにする。

また、「進撃の巨人」の名前の真意は、アニメのタイトルそのものに新たな意味を与えている。進撃の巨人」が始まると、ファンは当然、壁の向こうから進攻してくる巨人に対する人類の戦いを意味するフレーズだと考える。しかし、「進撃の巨人」第79話で明らかになったことは、アニメのタイトルがエレンの「進撃の巨人」であり、「進撃の巨人」が未来を見通すことができるということである。

もっと見る  進撃の巨人 第79話「グリシャの記憶とエレンの未来の力」解説

Attack on Titan」は、Funimation、Crunchyroll、Huluで毎週日曜日に配信しています。

関連している

 アデニウムの種や挿し木を始める - デザートローズの伝搬

アデニウムの種や挿し木を始める - デザートローズの伝搬

 NC-17指定で編集されたホラー映画10本

NC-17指定で編集されたホラー映画10本

 ツリーリリー情報。鉢植えのツリーリリーのお手入れ

ツリーリリー情報。鉢植えのツリーリリーのお手入れ