バージョン2.5で登場する幻影インパクトの次期バナーの内容

玄真インパクトは、Twitchでの2.5ライブストリームにおいて、2022年2月16日に到来する本作の2.5アップデート「桜咲く頃」に向けて、今後公開予定のバナーの特別プログラムを公開しました。バージョン2.5では2つのフェーズがあり、それぞれのフェーズで異なるキャラクターのバナーが用意されています。フェーズ1では、2.5初の新キャラクター、幻影インパクト待望の八重巫女のバナーが登場します。第2弾では、雷電将軍のバナー「Reign of Serenity」と、ここみのバナー「Drifting Luminescence」が再登場する予定です。

玄真インパクトのライブストリームでは、2.5アップデートのキャラクターバナーの発表と同時に、ストーリーがイナズマとエレクトロエレメントとの親和性に大きくフォーカスされることを共有しました。バナーと共に、雷電将軍と八重巫女は、幻影インパクトのバージョン2.5で新しいストーリークエストを手に入れることになります。雷電将軍のストーリークエストは、前回のストーリークエスト「インペラトリックス・アンブロッサ編」の続きとなる。第二幕」。八重巫女は、幻神インパクト初のストーリークエスト「ディビーナ・ヴァルペスの章」を受注。第一幕” 特別番組では、今後開催されるイベントの詳細が紹介され、プレイヤーが楽しめる新イベントや、過去に開催されたイベントが復活していることがわかった。

2月4日、ゲーム公式TwitchおよびYouTubeチャンネルにて「幻影インパクト2.5」特別番組が配信され、ゲームのストーリーやイベントに連動したイナズマンキャラクターが多数登場するアップデートの情報が公開されました。カタリストウェポンを使用するエレクトロビジョンの新イナズマンキャラクター「ヤエミコ」の登場は、ファンにとって待望のことです。  プレイアブルキャラクターとして登場することは喜ばしいことですが、発売を前にして「幻影異聞録」にバフを施してほしいという要望が早くも寄せられています。

八重巫女:幻影インパクト2.5の新プレイアブルキャラクター{#yae-mikogenshin-impact-2.5s-new-playable-character}の紹介です。

Genshin Impact 2.5 Banners Yae Miko

八重巫女は、『幻影異聞録』2.5アップデート第1弾で登場する、待望の星5電脳プレイアブルキャラクターです。この「八重巫女」は、『幻影異聞録』の初期プレイアブルキャラクターである「リサ」に続く、2人目の「電気触媒」使用者となります。八重巫女の登場と同時に、バージョン2.5では新たな星5触媒武器「カグラのヴェリティ」が登場し、プレイヤーが願いを込めることができるようになります。この武器が巫女に合うかどうかはまだ確定していませんが、その発売時期や見た目から、「カグラズベリティ」は「幻影インパクト」の5つの武器種のうち、八重巫女の特徴である「触媒」を目指しているのではないかと推測されています。

八重巫女は大鳴神社の巫女である宮司様です。八重巫女は、八重出版社を経営し、編集長を務めている。八重巫女はキツネの血を引いており、ライブストリーミングでは九尾の尾を垣間見ることができた。プレイアブルキャラクターとして登場したのはこれからですが、八重巫女はアーコンクエストやストーリークエスト、ゴローとのハングアウトイベントなど、ゲーム内ではすでに何度も登場しています。バージョン2.5のストーリークエスト「ディビーナ・ヴァルペス編」では、「賢くて美しい八重巫女」をより深く知ることができます。第一幕”

幻影インパクト2.5 フェーズ2 ダブルバナー。ライディーンショウグン

2種類の再放送バナーのうち、最初に登場するのは、2022年3月8日頃を予定している玄真インパクトエレクトロアーコン「雷電将軍」の「Reign of Serenity」バナーです。バージョン2.5のフェーズ1が稼動すれば、フェーズ2の正確な日程が判明します。雷電ショウグンは、2021年9月1日の『幻影インパクト』2.1アップデートで、星5エレクトロポールアームのプレイアブルキャラクターとして初登場した。雷電のバナーには、新たに星4エレクトロボウの使い手である九条紗羅も登場しました。雷電将軍の再放送バナーは、雷電将軍のストーリークエスト「インペラトリックス・アンブロッサ編」の続きに合わせて登場します。また、バージョン2.5で登場する「第二幕」では、イナズマの歴史やイナズマアーキョンクエストにつながる内容となっています。

彼女の再放送バナーやストーリークエストに加え、幻影インパクトのバージョン2.5では新ボスとして「ライデンショウグン」が追加されることが決定しています。特番では、新ボスのゲームプレイが公開され、巨大な手の上に浮き出た「ライデンショウグン」の腕が追加されました。この新ボスは、『幻影異聞録』史上最難関のボスとして期待されており、プレイヤーはストーリークエストでその背景を知ることで、新ボスの正体を知ることになるのだそうです。

玄真インパクト2.5第2期ダブルバナー。ここみ再放送

再放送バナー第2弾は、星5ハイドロカタリストユーザーの三宮ここみの「漂う発光」バナーで、2022年3月8日頃に登場します。ココミは、2.1アップデートの第2フェーズで「幻影インパクト」に追加され、第1フェーズでは「雷電将門」が登場しました。雷電と同じく、幻神インパクトのハイドロユーザーであるココミは、イナズマの出身で、イナズマのストーリーで主役を演じています。ココミは、雷電将軍のビジョンハント令に反対するレジスタンス組織「綿津見軍」を率いており、2.5のクエストストーリーに登場する可能性が高い。

三宮ここみは、綿津見島の若き神官で、島内のことを取り仕切っている。ココミはワタツミの人々を守るため、ライデン将軍のビジョンハント令に対抗するレジスタンスを率いている。ライデンショウグンやクジョウサラはココミを戦争をする軍師と表現し、他の人々は彼女を閣下と崇めるが、ココミのキャラクターストーリーは彼女の違った面を見せる。それは、玄真インパクトの綿津見島とそこに住む人々を何よりも大切にし、雷電将軍とビジョンハントの令呪から守るために戦いに身を投じていることである。

幻影インパクトの2.5アップデートでは、待望の星5エレクトロプレイアブルキャラクターとして八重巫女が登場し、雷電将軍と三宮ここみのバナーも再放送されました。バージョン2.5では、新ボスとして「雷電将軍」が登場し、ストーリークエストも継続されます。八重巫女の「常夏の菫」バナーは2022年2月16日に配信予定です。雷電将軍の「Reign of Serenity」バナーと三宮ここみの「Drifting Luminescence」バナーのダブル再販は2022年3月8日ごろに配信予定です。玄真インパクトのバージョン2.5ダブルリランバナー第2弾の正確な配信日は、玄真インパクトのバージョン2.5第1弾「桜咲く頃」の配信時に確定します。

出典 玄真インパクト

関連している

 アデニウムの種や挿し木を始める - デザートローズの伝搬

アデニウムの種や挿し木を始める - デザートローズの伝搬

 NC-17指定で編集されたホラー映画10本

NC-17指定で編集されたホラー映画10本

 ツリーリリー情報。鉢植えのツリーリリーのお手入れ

ツリーリリー情報。鉢植えのツリーリリーのお手入れ