外来ハーブの防除 - ハーブの蔓延を防ぐ方法

ハーブを自分で育てるのは、食通の人なら誰でも嬉しいものですが、良いハーブが悪くなったらどうするのでしょう?テレビ番組のタイトルをもじったような話ですが、害のあるハーブをコントロールすることは、時に現実的なことです。ここでは、ハーブの害について説明します。

どのようなハーブが外来種になるのか?

どのようなハーブが侵略的になるのでしょうか?ランナーや吸盤、根茎で広がるハーブや、大きくなりすぎて場所を取ってしまうハーブは要注意です。また、種子を大量に生産するハーブも要注意です。

拡散するハーブの中で最も悪名高いのは、おそらくミントだろう。ペパーミントからスペアミントまで、ミントの仲間はすべて、ただ広がるだけでなく、地下茎を使って世界を征服しようという、かなり極悪な欲望を持っているようです。

その他、オレガノ、ペニーロイヤルなど、地下茎から侵入するハーブもあり、また、気の楽なタイムも暴走することがあります。

花を咲かせる植物は自己増殖することが決まっており、花を咲かせるハーブも例外ではありません。キンセンカ、キャットニップ、カモミール、チャイブ、ディル、レモンバーム、そして発芽が難しいバレリアンも、良いハーブの一種であるがゆえに腐り、貴重な庭を占拠し、他の多年草を押しのけてしまう可能性がある。

その他にも、広がるハーブがあります。

  • フェンネル

 

  • セイジ

 

  • コリアンダー

 

  • フィーバーフュー

 

  • ボリジ

 

  • ムルレイン

 

  • コンフリー

 

  • タラゴン

ハーブの普及を食い止めるには

侵入したハーブの駆除は、その侵入の仕方によって異なります。ハーブが大きくなりすぎて、このように庭に侵入するのを防ぐには、定期的に剪定することです。

ミントのように地下茎で一気に広がるハーブの場合は、コンテナで育てます。地下茎で広がるハーブは、高床式の植木鉢に植えてください。

欲張りな咲き方のハーブは、デッドヘッドを怠らないようにしましょう。怠けて種ができるのを許してしまったら、もうおしまいです。カモミールのようにミニチュアのデイジーのような花を咲かせるハーブは、そのままではかなり無理があり、翌年も何十株と見る可能性が高くなりますが、その他の開花するハーブは、花が萎んできたら切り取ることでコントロールすることが可能です。

できるだけ蒔き直しを少なくするために、毎年マルチングをしたり、防草シートを敷いたりしてください。つまり、ハーブの下とその周辺は再播種を避けることができますが、歩道の割れ目から芝生まで、それ以外の場所はすべてフェアなゲームなのです。

関連している

 アデニウムの種や挿し木を始める - デザートローズの伝搬

アデニウムの種や挿し木を始める - デザートローズの伝搬

 NC-17指定で編集されたホラー映画10本

NC-17指定で編集されたホラー映画10本

 ツリーリリー情報。鉢植えのツリーリリーのお手入れ

ツリーリリー情報。鉢植えのツリーリリーのお手入れ