マスター・ヨーダが最高のジェダイであることを証明する10の名言

スター・ウォーズ・サーガには、ルークとアナキンのスカイウォーカーの血統、養子のスカイウォーカー・レイ、オビ=ワンやカナン・ジャラスの才気など、素晴らしいジェダイのキャラクターがぎっしりと詰まっています。しかし、多くのファンにとって、ヨーダほど優れたジェダイはいません。彼はフランチャイズでも最高の名言を残しており、その多くは彼が素晴らしいジェダイであることの証明として機能しています。

フォースの知識を示すセリフから、優しさや知恵を示すセリフまで、ヨーダはスター・ウォーズ最高のジェダイであることを示す、驚くべき名言の宝庫です。

クローン大戦におけるジェダイの役割に疑問を呈したとき

「ジェダイのやり方で、力に力で答えるのは、これは違う。この戦争で、私たちが誰であるかを失う危険性がある”

Yoda speaks to Mace Windu & Kit Fisto about their role in the war and their role as peacekeepers in The Clone Wars

クローン大戦の間、ヨーダはジェダイが戦争に参加することが彼らの教団にとって、また彼らが何者であるかということについて心配していることを表明している。これは戦争に関連したヨーダの名言の一つで、ジェダイとは何かについて掘り下げています。

ジェダイは権力を欲したり、誰かに使ったりすることはないはずですが、戦争に巻き込まれることで、その手を使わざるを得なくなるのです。それに気づくほど自覚的であることは、たとえ手遅れになる前に多くを変えることができなかったとしても、ヨーダがいかに優れたジェダイであるかを示しています。

恐怖の力に対する警告

“恐怖”は “ダークサイド”への道。恐怖は怒りにつながる 怒りは憎しみにつながる。憎しみは苦しみにつながる”

ヨーダは前日譚三部作で素晴らしい名言を残していますが、これは彼の最も象徴的な言葉かもしれません。アナキンへのこのセリフは、恐怖に甘んじないこと、ダークサイドに支配されないように恐怖が力を持つことを許さないこと、がすべてです。

この言葉は、ダークサイドと、ダークサイドがフォースユーザーを誘い込むために使う手段に対する素晴らしい理解を示しており、偉大なジェダイなら誰でも持っているべきものである。アナキンはヨーダの「恐怖を捨てよ」というアドバイスを聞き入れなかったが、この警告自体は有効であった。

身体能力の重要性のなさを指摘したとき

“Size Matters Not, Look At Me, Judge Me By My Size, Do You?”(サイズは関係ない、私を見て、私のサイズで判断してください)。

Yoda training Luke on Dagobah

ヨーダはその大きさにもかかわらず、強大なフォースの使い手であり、ライトセーバーの決闘者である。彼が証明し、指摘するように、身体の大きさは重要ではないし、重要であるべきでもない。

これはジェダイが伝えるべき重要なメッセージです。ヨーダがこれほどまでにパワフルであることは非常に印象的であるだけでなく、銀河系の誰もがフォースが望めばジェダイになれる、表面的な肉体的要因は関係ない、ということを伝えているのです。最高のジェダイはインスピレーションを与えるものであり、それはヨーダがここで行っていることでもあります。

彼がクローンを生み出すとき

「騙されたと思って、見てみろ フォースの中 それぞれが非常に異なっている”

ヨーダは、フォースがすべての生き物を貫き、銀河の中でユニークで明確な位置を与えていることを、他のジェダイよりもよく理解しているようです。

そして、そのセリフに倣って、一緒にいるクローン一人一人に知恵を授けるのである。クローンたちは皆同じだと信じているが、ヨーダは全員が異なるフォースであることを知っており、目だけではわからないことを知っているのである。彼は、ジェダイとしての輝きの上に、再びインスピレーションを与え、偉大なリーダーであることを示すのです。

彼の最も象徴的なモチベーションの秘訣{#his-most-iconic-piece-of-motivation}。

“Do, Or Do Not, There Is No Try”(やるか、やらないか、試しはない)。

ヨーダはスターウォーズで最も印象的で、最も多く引用されるセリフを持っていますが、これはその中でも絶対的な一品かもしれません。素晴らしいメッセージであり、最高の意味を持っている。

これもダゴバでのヨーダとルークの対話で、ルークを切り裂いて、より現在に集中し、フォースを信頼するという貴重な教訓を与えるために使われます。ルークは、「やること」よりも「試すこと」にとらわれすぎています。このような教訓を、ここでヨーダほど見事に教えてくれるジェダイは他にいないでしょう。

失敗の重要性

“偉大なる教師の失敗とは”

Yoda's Force ghost in The Last Jedi

最後のジェダイ』でのヨーダの登場は、続編3部作のハイライトの一つでした。彼は『帝国の逆襲』ですべてのシーンにもたらしたのと同じ輝きでスクリーンに戻り、ルークに貴重で必要な教えを伝えました。

これはスター・ウォーズにおける名言の一つであり、すべての人が学ぶべき重要な教訓である。成功は偉大であり、人々に多くのことを教えてくれるが、失敗のような学びの可能性はないのである。ヨーダはこの教訓を、硬く、力強く、経験豊富なルークに与え、教師としての役割が決して終わることがないことを証明し、彼が最高のジェダイである可能性を証明しているのである。

彼が自分の暗黒面に抗うとき

“私の一部”であることは確かです。しかし、私を超える力は、あなたにはない。忍耐と訓練によって、あなたをコントロールするのは私である。私を支配する力は、あなたにはない。「私の闇の部分、あなたは拒絶する」

Yoda fights his dark side shadow in The Clone Wars

クローン・ウォーズ』では、ヨーダがフォースの旅に出て、自分のダークサイドの影に直面する場面がありますが、この場面では、ヨーダの弱さの後に凄みを見せるという信じられないような展開が繰り広げられました。

この引用で重要なのは、彼が自分の暗黒面を打ち負かしたことではなく、それを受け入れたことである。ヨーダは自分の内なる闇の存在を認めながらも、それを制御し、支配されないように封じ込め、それを許さないのです。そのような意志の強さを発揮できるのは、最高のジェダイだけです。

フォースに関する象徴的なモノローグ

“光り輝く存在こそ私たちであり、この粗雑な物質ではない”

yoda looking up in star wars

このヨーダによる象徴的なスピーチは、まさにスター・ウォーズの中で最も素晴らしいモノローグであり、何世代にもわたってファンの鳥肌を誘い続けてきた台詞の数々です。また、この演説はヨーダがいかに驚異的なジェダイであるかを示している。

これは、ヨーダがルークにフォースについて語り、フォースが銀河系を結びつける神秘的な方法を可能な限り説明するスピーチの一節に過ぎない。ヨーダのフォースに対する理解は、スター・ウォーズに登場するどのジェダイにも引けをとりません。彼はフォースに敬意を払い、フォースに関して他のどのジェダイよりも幅広い知識を持っているにもかかわらず、一貫してフォースからもっと学ぼうとしていることが、この視点で示されています。

ジェダイが生きるためのルール

「ジェダイは知識と防御のためにフォースを使うのであって、決して攻撃のためではないのです。

Luke skywalker yoda Degobah Cave Star wars the empire strikes back

ジェダイが銀河系でどのように活動し、ライトセーバーだけでなくフォースをどのように利用するかについては、何十年も前からファンはよく知るところです。

ジェダイは、決して戦士になることを意図していない。彼らは軍隊として戦争や戦闘をするために作られたのではありません。彼らは、助けを必要とする人々を助け、自分自身と他人を守り、フォースに近づくために、フォースを含む武器を使用する平和維持者なのです。  ライトセーバーの非現実的な技量、おそらく誰よりも優れているにもかかわらず、ヨーダは、すべてのジェダイがそうであるように、このように生きているのです。

ジェダイ・マスターの役割

“我々は彼らが越えて成長するものであり、それはすべてのマスターの負担である。”

ジェダイの典型的な旅は、幼年期、パダワン、ナイト、そしてマスターとなる。最終的に、彼らは教師として知識と知恵を伝える使命を負い、そして追い越され、そのサイクルが続く。

あまりいい響きではありませんが、それが銀河の仕組みなのです。ジェダイ・マスターはフォースを通じて新進気鋭の人々に教え、彼らが銀河をより良い場所にできるようにするのです。それは負担かもしれませんが、必要なことなのです。この言葉はヨーダの名言のひとつであり、ジェダイの真の目的である、人を教え、助けることの重要性を深く理解していることを表しています。

関連している

 アデニウムの種や挿し木を始める - デザートローズの伝搬

アデニウムの種や挿し木を始める - デザートローズの伝搬

 NC-17指定で編集されたホラー映画10本

NC-17指定で編集されたホラー映画10本

 ツリーリリー情報。鉢植えのツリーリリーのお手入れ

ツリーリリー情報。鉢植えのツリーリリーのお手入れ