90日目のフィアンセ。ヤーラ、ジョヴィの前にイランで怖い思いをしたことを告白

90 Day Fiancéのスター、ヤラ・ザヤが、イラン経由でバリ島に旅行した時の恐ろしい旅行記をInstagramで公開した。27歳のリアリティスターが旅行好きで、世界中のさまざまな国を探検していることは、ファンならご存知だろう。ヤラは19歳の若さでウクライナのリアリティ番組に初めて出演したとき、ウクライナ人男性よりも外国人の方が知的なので、金持ちの外国人と付き合うことを希望していた。バルセロナ在住のロシア人男性ラファエルと交際するも、彼とはうまくいかなかった。結局、ヤラは旅行アプリを通じて、現在の夫であるジョヴィ・デュフレンと出会った。

最初は一夜限りの関係を求めていたヤーラとジョヴィだが、次第に愛し合うようになる。ジョヴィのROVスーパーバイザーの仕事のおかげで、二人はブラジル、インドネシア、エジプト、ギリシャ、ウクライナといった国々を含む世界中を旅行するようになった。2018年、ヤーラはジョヴィの赤ちゃんを妊娠しましたが、夫婦でクロアチアを探検しているときに悲惨な流産に見舞われました。しかし、この経験がこの90デイ・フィアンセのコンビの距離を縮め、婚約に至った。やがて、ニューオリンズの住人がヤラのK-1ビザを申請し、彼女は米国に移住した。

ジョヴィと出会う前、ヤーラは別の男性と交際していた。2015年、彼女はインドネシアのバリ島で元カレに会うことにしたが、イランで乗り継ぎをすることになった。次の便の搭乗を待っていると、10人ほどの人がやってきて、頭を覆うように言われたそうです。さらにヤラは、「頭を隠さないと誰かに誘拐される」とも警告されたという。大きなセーターとレギンスを着ていた『90 Day Fiancé』のスターは、最初はその人たちを信じていなかったという。彼女は、“でも、4人が私のところに来てから、心配するようになったわ”と付け加えた。

90 Day Fiancé star Yara Zaya terrifying travel story

幸いなことに、地元の女性がBoujee makeupのオーナーであるYaraに駆け寄り、ハンカチを渡してくれた。しかし、ヤラの怖い話はこれだけでは終わらなかった。彼女はさらに、“その後、パスポートを取り上げられ、長い間返してもらえませんでした。”と言った。ウクライナ出身の彼女は怖くて、パスポートを受け取ってからイランでの乗り継ぎは絶対にしないと決めたそうです。彼女は2015年の写真を投稿し、ヘッドスカーフを巻いた姿がわかるようにした。

この恐ろしい体験をしたとき、屋良は20歳だったはずだ。その若さで一人で外国に行くというのは、なかなか勇気のあることです。嫌な思いをしたけれども、それが将来の旅への意欲を失わせるものでなかったことが救いである。ブダペストの旅で、ついに最愛の人に出会えたのだ。90 Day Fiancéのファンがソウルメイトに出会えるよう、ヤラは今、夫と一緒に新しいソリューションを開発しています。

出典 ヤラ・ザヤ

関連している

 アデニウムの種や挿し木を始める - デザートローズの伝搬

アデニウムの種や挿し木を始める - デザートローズの伝搬

 NC-17指定で編集されたホラー映画10本

NC-17指定で編集されたホラー映画10本

 ツリーリリー情報。鉢植えのツリーリリーのお手入れ

ツリーリリー情報。鉢植えのツリーリリーのお手入れ